遠距離恋愛は、諦めることであり、諦めないこと。

7年間岐阜と横浜で遠距離恋愛をしていた。

・浮気をしないでほしい、を諦める
・会いに行く、を諦めない
・交通手段のハードルを下げる
・会えなくて寂しい、をどうにかする方法
・遠距離恋愛は、楽

浮気をしないでほしい、と思うことは最初の頃から諦めていた。男は浮気するもの、というイメージがあった。職場の先輩からもそう聞かされていた。浮気をしても帰ってきてもらえるように、人間を磨かなければと思った。岐阜市民ジャズビッグバンド・楽市JAZZ楽団のオーディションを受けようと決意した理由の一つもそれだ。
幸い磨く時間はたくさんある。会うのは大体月1回だったので、残り3回の土日は自分の好きなように使える。土日に仕事が入ることも多々あったけれど、月1回くらいは何とかお互いに土日とも空けられる週末をつくることができた。

そして、完璧な努力ができなくても諦めないこと。土日とも空けられても、その週残業続きだったりすると、土曜の朝早く起きられなかったりもする。それでも行くのを諦めないこと。家を出るのが朝11時近くになろうが諦めないこと。頑張るべきはそこだ。できないと挫折しないことだ。交通費の元を取ろうとか考えないで、ゆるく。
なかなか予定が合わなくて一か月半くらい会えなくても、諦めないで会えるときに会いに行く。無理しないで、ちょっとだけ頑張って、会い続ければ道はつながる。

新幹線で通っていた。JR東海エクスプレス・カード会員になると、毎回の料金が少し安くなる。また携帯電話から予約でき、変更も無料でできる。何度も乗るので年会費分の元は取れた。
月1回ならと、夜行バスはほとんど使わなかった。
行くことへのハードルをできるだけ少なく、低くしておけば、愛情以外の理由で行くことが辛くなったり、面倒くさくなったりするのを防げる。

メールは相手の要望もあり、できるだけ毎日送るようにしていたけれど、相手からはよくて3日に1通、悪いと1週間に1通しか返ってこなかった。こっちには送らせておいて。と思ったが、自分のメールすら途切れると本当に関係も途絶えそうで送り続けた。でも私もまめなほうではないので、1日1通くらいだ。
電話は週に一度くらい、大抵は週末に。最初のころはスマホがなくて、通話し放題プランのあるPHSのウィルコムを使っていた。今はLINEとかがあるから本当に便利だと思う。

さらに実際的なことを言えば、
・デートのときは帰る前に次に会う日を決めておく
は有効。
・喧嘩したらその日のうちに仲直りする
も多分、有効。
・遠距離だと喧嘩しないようにするから結婚後が心配
というのは、結婚後に相手の違う面が見えるというのは遠距離でなくてもそうだと思う。

たまに行く横浜や東京は刺激にもなった。シティプロモーションも少し担当していたので、都会の人の空気に触れることは参考にもなった。

なかなか会えなくて寂しい、という気持ちはもちろんある。でもメールや電話はいつでもできる。そういう人がいないよりは寂しくない、と思っていた。
平日のお仕事後にデート、は諦めるしかなかった。でも、土日だけでもデートできる人がいる方がいい、と私は思った。遠くても、いないよりいるほうがいい。もちろんそう考える人ばかりではないだろうけれど。

それでもどうにも寂しいときは荒れたメールを送った。すると普段3日に1回しか返さない相手がメールを返してくる。普段放置されている分、それだけでも何とかなった。

まあ、お互いに全然もてないのであまり不安にならずにいられるところもあったと思う。相手が男性の多い会社だったことも、いらぬ疑心暗鬼を生まずにすんだ要因だった。私がバンドをやったり仕事でもいろいろな人に会ったり、何だかんだしていても焼き餅の欠片も見せない相手はすごい。縛ろうとすると逃げたくなる、ということをわかっていたのかもしれない。

浮気しないようにしよう、と思うのも縛りだ。何も考えない方がかえって浮気心は起こしにくいと思う。
寂しいときは相手に言えばいい。そして相手にそう言われたときは、そんなこと言ったってどうしようもないじゃないか、と怒ってはいけない。そうか寂しいのか、自分も寂しい、○日に会おうねと言えばいい。次に会う日を決めておくと、ここで生きてくる。見通しがあれば、気持ちを落ち着かせられる。

何かしんどいことがあったとき、それは人を変えれば解決するのか、遠距離じゃなければ解決するのか、と思った。人を変えても別の問題が出てくる。この人よりいい人がどこかにいる、なんて幻想だ、と思っていた。

学生のころ、先に遠距離恋愛を始めていた友達から「慣れたら遠距離は楽」と聞かされた。自分がやってみてその言葉がよくわかった。確かに、かなり自分のペースで生きることができる。

インターネット環境などが発達し、テレワークが可能になっても、テレ恋愛は完全には成立しない。
先のことを考えると辛くなる。
でも、とりあえずは二人の関係が続くことのほうが先決だ。

完璧な準備をしなくてもいい。できるだけハードルを下げておいた方がいい。
遠距離恋愛は、楽。
そう思ってゆるく続けられれば、幸せな瞬間はたくさん訪れる。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です