自分のアートが、「共生」のコミュニティが生まれるきっかけになってほしい。海外での個展など国を超えたアーティスト活動を続ける斎藤友紀子さん

「愛と慈悲の狭間で生まれた」 2017年、斎藤友紀子さんは初めての個展をアメリカ・ロサンゼルスのギャラリーで開いた。その後も京都、パリなどで個展を開いている。 1枚に多くの意味が込められ、日本の伝統的な雰囲気も感じられる[…]

もっと読む

楽市JAZZ楽団でトップミュージシャンから教わった、社会人として大切なこと。(新メンバー募集中!)

岐阜市文化センター・市民会館を拠点に活動する、岐阜市民ジャズビッグバンド 楽市JAZZ楽団が新メンバーを募集している。 楽市JAZZ楽団メンバー募集始まります!!ジャズ・ポップス音楽に興味のある中学生・高校生も大歓迎です[…]

もっと読む

人生、どうせなら楽しいことを。パラグライダーと文章を書くこと、仕事をしながらどちらにも精力的な、かにさんが見つけた新しい世界。

「今年はプライベートも充実させたい」。年始によく聞くフレーズだ。なかなか実現させづらいことだからなのだろう。楽しそうなことを見つけても「仕事が忙しくて疲れているときもあるし、続かなさそう」と、始めるのを躊躇した経験のある[…]

もっと読む

学生のドイツ留学費用をクラウドファンディングで。ドイツでスポーツスクール等を営む増嶋義己さんが、個人でプロジェクトの旗を振る理由。

あなたは学生時代、海外へ行った経験はあるだろうか。旅行はもちろん、短期・長期の留学、そしてインターンシップやボランティアなどに参加した人も少なくないだろう。 しかし今の学生は、コロナ禍によりその全てが叶いにくい状況にある[…]

もっと読む

公共空間に身を置くことは、オンラインでは叶わない。

もう半年以上岐阜に帰っていなくて、行ってみたい場所が次々新しくできて溜まっていって、また行きたい場所もあるからちょっとの帰省では行ききれない。そもそも息子もいるし、一つ行くだけでも大変なのに。 こんな感じがこれからずっと[…]

もっと読む

自ら動けば、人と話せば、自分の未知の可能性に気付ける。専門学校から大学編入を目指し、挑戦を続けるFukuさん

専門学校から大学に編入できることをご存知だろうか。大学編入試験の受験資格は大学や学部によって違うが、指定された専門学校を卒業して「専門士」の称号を得ることで受験できる大学も多い。「大学編入専攻」というコースを設けている専[…]

もっと読む