自ら動けば、人と話せば、自分の未知の可能性に気付ける。専門学校から大学編入を目指し、挑戦を続けるFukuさん

専門学校から大学に編入できることをご存知だろうか。大学編入試験の受験資格は大学や学部によって違うが、指定された専門学校を卒業して「専門士」の称号を得ることで受験できる大学も多い。「大学編入専攻」というコースを設けている専[…]

もっと読む

相手のよさを伝えたい。岐阜で育まれた独自の感性を生かした井上衣保子さんの言葉は、大切にされている気持ちにさせる。

相手に、その人のいいところを伝える。それはそんなに簡単なことではない。相手が疑いなく受け取れる点を見つけて、信じられるように伝えなければならない。それができたら、確実に相手の役に立てる気がする。 岐阜県高山市出身、 イン[…]

もっと読む

マイノリティをアドバンテージに。メディアプロデューサー/ファッションディレクター/ロックバンドのスラッシュキャリアを築く佐藤潤さんが、地域に生きるマイノリティの人々に伝えたいこと

メディアプロデューサー/ファッションディレクター/ロックバンド。近年、複数のスキルや経歴、肩書きをもち、分野を横断する働き方「スラッシュキャリア」が注目されているが、今回お話を伺った佐藤潤さんも冒頭に示したようなスラッシ[…]

もっと読む

ストーリーのあるプレゼントを、コミュニケーションのきっかけに。オリジナルアクセサリーを中心にオンラインギフトショップ「-Kaninchen-」を運営するかわほり兎々さん

右上:ToiToiToi!-002 (ステキな梅雨の日)、左下:ToiToiToi!-001【いつもの晴れの日】、右下:ToiToiToi!-003 【夏の夜】 オンラインギフトショップ「-Kaninchen-」(カニン[…]

もっと読む

大垣まつりはお正月。関東から毎年大垣まつりに参加し、情報発信も行う立花寿圭六さん

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年は数多くのイベントが中止になった。その一つ一つが、関係する人々が思いを込めて準備していたものだと考えると、気が遠くなる。 岐阜県大垣市で毎年、5月2週目の土日に行われる「大垣まつ[…]

もっと読む

インタビューするなら、自分のことも話さなければいけない気がしてきた。

このブログではインタビューをさせていただける方を募集している。 更新版:インタビューさせていただける方を募集しています。オンライン取材いたします。 その聞き手となるためには、自分も自分のことを言わなくてはいけないのではな[…]

もっと読む

更新版:インタビューさせていただける方を募集しています。オンライン取材いたします。

社会状況と個人的事情を鑑み、インタビュー募集要項を以下のとおり更新しました。当面はオンライン取材とさせていただきますので、どちらにお住まいの方も、どうぞお気軽にご連絡ください。(2020年5月) あなたのドラマが、誰かの[…]

もっと読む

仕事をしながら音楽も、既成概念の打破がモチベーションに。2児の父J.Y.さんが音楽を続ける理由。

学生時代にバンドなどで楽器を演奏していても、社会人になって続けている人ばかりではない。平日の夜は「仕事が終わらない」、週末は「子どもの世話、家族サービスがある」と、バンドに参加することを諦めたり、一度参加しても途中で断念[…]

もっと読む

ブログで自信がついて、行動が変わった。「ひと、ほん、たび」の更新を続ける上田紋さん

このブログを少しさかのぼればすぐにわかることだが、個人ブログを継続的に更新する難しさを筆者は日々感じている。執筆にまとまった時間を取るのが難しく、少しずつ進めていると、一つの記事を完成させるのにあっという間に1か月以上経[…]

もっと読む

つくろうとした時点でだめ。自然な積み重ねで居心地のいい空間を生み出し、挑戦する人の背中を押す「喫茶 星時」店長の樋口尚敬さん

いつからか通うようになっていた。岐阜市中心市街地の柳ケ瀬商店街、神田町通り沿いのシェアアトリエのビル「カンダマチノート」2階に「喫茶 星時」はある。 あるとき、お店にある石田意志雄先生の本を真剣に読んでいたら、店長さんが[…]

もっと読む